師範プロフィール

 

ご挨拶

動くマインドフルネスを合気道で実践

 ∞ International AIKI Kenshin CLUB ∞

 

こんにちは。AIKI健芯CLUBの高橋 諒(マコト)です。

  上の写真は長男と次女です。

  一緒に、家族で、合気道をしています。

 

さて、植芝盛平翁先生は「禅といって別に座る必要はない。合気をやっていれば、それが禅である。」と云われていたそうです。

 

禅の大家・鈴木大拙師もその著書で「合気道は動く禅である」と紹介されています。そして今、私は合気道は動くマインドフルネスだと思っています。

 

心理学の分野に認知行動療法というものがあり、その中で第三世代といわれているマインドフルネスがあります。私はマインドフルネス合気道といった新たな合気道の可能性、道筋を開拓していきたいと思っております。

 

プロフィール

AIKI健芯CLUB 高橋 諒(タカハシ マコト)

 

 ∞ International AIKI Kenshin CLUB ∞

 

まずこの似顔絵は女子美大卒の長女が描いてくれました。似ているとか、カッコイイとよく云われます。

 

私は1960年横浜に生まれました。
(公財)合気会の七段です。夢想神伝流居合道の六段(全国居合道連盟)でもあります。気功家でもあります。

 

合気道を始めた理由

合気道を始めた理由は、単純に身体が小さかったので強くなりたかったからです。

小さくても強くなれそうな武道ということで合気道を選びました。実際、植芝盛平翁先生はちょうど私と同じ位の背丈ですし、達人塩田剛三先生も小さいです。

 

高校3年生の時に当時合気会横浜支部の松尾剣風道場(現合気道横浜)に入会して西尾昭二師範の門下となりました。進学先は西尾昭二師範が御指導されていた合気道部がある神奈川大学です。そこで合気道漬けの4年間を過ごしました。(因みに愛息も神奈川大学合気道部で主将を務めました。)

そして、合気道ばかりやっていて成績が悪かったため、一念発起して公務員試験の勉強をして某地方自治体に入庁しました。

 

AIKI健芯CLUBについて

AIKI健芯CLUBは平成21年設立の任意団体です。
(公財)合気会の公認団体であります。現在は子ども教室と一般教室の二つを運営しています。

 

勤め人生活も早、三十有余年になりました。仕事をしながらの合気道はなかなか大変ではあります。しかしながら、逆に仕事のストレスを解消し、自分自身に自信を持つことが出来るという素晴らしい効果もあります。

 

私は産業カウンセラーの有資格者でもあり、いずれ合気道を通じたカウンセリングも行っていきたいと思っています。

 

心理学の分野に認知行動療法というものがあり、その中で第三世代といわれているマインドフルネスがあります。今、googleも盛んに推奨している分野です。私はマインドフルネス合気道といった新たな合気道の可能性、道筋を開拓していきたいと思っております。

 

私の合気道の師である故・西尾昭二師範は長らく国家公務員をされながら合気会師範として2足の草鞋でご指導されてました。ある方はサラリーマン武道家こそ本物であると云われました。武道家も社会人として中庸の考え方を持つべきということでしょうか…

 

兄弟姉妹、親子、家族で合気道をしましょう

AIKI健芯CLUBでは、兄弟姉妹、親子、家族で合気道をすることを推奨しています。

 

合気道は生涯体育です。生涯を通じて家族で稽古をすることが可能です。

 

私設道場開設!

 ∞ International AIKI Kenshin CLUB ∞

 

現在、2019年春のオープンを目指してテナント型ではありますが合気道を中心とした私設道場開設に向けて準備しています。

 

ビジネスマンが通い易いように平日遅い時間に稽古時間を設けたり、「子育てママ用の合気道」や「定年からの合気道」「サムライキッズ合気道」など様々な教室を用意する予定です。

 

皆さん、楽しみにしていて下さい。そして応援宜しくお願い致します!